自動車税、車検証の住所変更

自動車税、車検証の住所変更

インターネットは引っ越しよりも新規契約のほうが23万円もオトク!?

 

引っ越し

住所変更を忘れずにしなければならない物はたくさんあるのですが、自動車税、車検証(自動車検査証)も、住所変更をしなければなりません。

 

住民票を移したら自動的に住所変更されているというものでは決してないので、引越しをしたらきちんと住所変更の手続きを行いましょう

 

まず車検証の住所変更は、住所変更されてから15日以内に普通自動車ならば陸運局、軽自動車の場合は軽自動車検査協会で手続きをします。

 

例え車検証の住所変更が15日を過ぎても罰則等はありませんが、車検証の住所変更をする事で自動車税の納付書の送付先も変更されるので、「先に自動車税の納付書送り先を各都道府県税事務所で行って、後で時間がある時に車検証の住所変更を行う」という二度手間を考えても、車検証の住所変更を早めに行った方が良いと思います。

 

車検証の住所変更に必要な書類は、車検証、申請書、手数料納付書、車庫証明書(発行から1ヶ月以内のもの)、新住所を証明する住民票等(発行から3ヶ月以内のもの)、自動車税申告書、印鑑(認印でも良い)、となります。

 

代理人が住所変更を申請する場合や、ローンの残っている自動車の場合で所有者がクレジット会社やディーラーという場合は任意状が必要となります。

 

かかるお金はナンバープレートの変更が必要かどうか、変更する場合は好きなナンバーをつけるかどうかによって変わりますが、2千円から8千円程度になります。

関連ページ

役所の住所変更手続き
役所での転入・転出届について。 市役所等で必要な住所変更手続きについて説明しています。 また、転出届をしないで新しい住所に来てしまった場合、インターネットと郵送で転出届を取得する方法も紹介しています。
運転免許証の住所変更法
運転免許の住所変更方法について。身分証明書として多くの人が使っている自動車運転免許証も住所変更が早めに必要なものの一つです。
パスポートの住所変更法
パスポートを身分証明書として使う場合は、住所変更の必要があります。詳しい住所変更方法や必要書類についても説明しています。
郵便物転送届の手続き方法
引っ越しから一年間、郵送物を新住所に転送してくれる便利なシステムである【郵便物転送届】の手続き方法を紹介します。
銀行の住所変更方法
住所変更は各機関によって重要度や手続き手段等も様々なのですが、お金の絡んだケースだと手続きをする側の利害にも関係してくるので、出来るだけ早く住所変更をしてしまう事をお勧めします。
携帯電話の住所変更方法
携帯電話・スマートフォンも引越し後にau・ドコモ・ソフトバンク等のキャリアで住所変更手続きをする必要性があります。
健康保険証の住所変更方法
保険証は免許証やパスポートと同じく、社会的に信用度の高い身分証明書としても通用するものですが、住所変更等がきちんとされていない場合は後のトラブルへとつながってしまうので、健康保険の住所変更は早めにしてしまいましょう
クレジットカードの住所変更方法
クレジットカードの住所変更をしていない場合、カードの更新時期にクレジットカードが旧住所に届いてしまい、住所変更→カードの再発行をしなくてはいけなくなるため、一時的にクレジットカードが使えない状態になることがあります。
年金の住所変更方法
年金に関する住所変更について。転入、転居届と同時に年金の住所変更を行う必要がある場合があります