運転免許証の住所変更法

運転免許証の住所変更方法

インターネットは引っ越しよりも新規契約のほうが23万円もオトク!?

 

引っ越し

住所変更は、多くの方が身分証としても使っている運転免許証でも必要となります。

 

運転免許証の住所変更をしなくても運転免許は有効ではありますが、道路交通法では住所や氏名に変更が生じた場合はすみやかに住所地の公安委員会に届け出て変更手続きをしなければならない、という事と、届け出を行わなかった人には2万円以下の罰金、という事が定められています。

 

運転免許証の住所変更をしないと、更新連絡書が新住所へ届かず更新を逃してしまう、という事もあるので、新住所を管轄する警察署か運転免許センターでの住所変更は必ず早めに行いましょう。

 

運転免許証の住所変更に必要な書類は、新旧住所が同じ都道府県の場合、住所変更をする免許証新住所が確認できる書類(住民票、年金手帳、新住所記載の健康保険証、新住所宛ての消印付きハガキや公共料金の領収証、外国人登録証明証等)運転免許証記載事項変更届(警察署、または運転免許センターにおいてある書類です)印鑑(認印で良い。シャチハタは不可)となります。

 

新旧住所の都道府県が違う場合は、上記に加えて住所変更を申請する前6ヶ月以内に撮影した申請用写真1枚が必要になる場合があります。

 

申請用写真なので運転免許証の写真が変わるわけではありませんが、写真サイズの規定や、都道府県によっては申請用写真が不要の場合もあるので、【件名+免許証 住所変更】などのキーワードで検索してみてください。

よくある質問

免許証の住所変更に料金はかかりますか?

かかりません。無料で変更できます

時間はどのくらいかかりますか?

混んでいなければ1時間程度で済みます。免許センターは時期によって混んでいることがあるのでなるべく警察署のほうがいいと思います

最寄りの警察署が2つあってどちらの管轄かわからない

免許証は県単位で管理しているので、住んでいる県内の警察署ならどこでも住所変更が可能です

本人確認のための住民票は返却されますか

返却されます。他の住所変更手続きにも必要な事が多いので住民票は一枚は取得したほうがいいと思います。

免許証の住所変更をせずに一年以上放置していました。罰金を取られるのでしょうか?

道交法には【すみやかに】としか書かれていないので、実際に罰金を取られたケースは少ないようですがなるべく早めに変更しましょう。

住所変更してなかったせいで、免許更新のハガキが来ません。どうしたらいいでしょうか?

ハガキがなくても免許更新は可能です。ただし、住所変更も同時に行われるので新住所が確認できる書類を持参する必要があります(他に必要なものはお金、免許証、印鑑です)。

関連ページ

役所の住所変更手続き
役所での転入・転出届について。 市役所等で必要な住所変更手続きについて説明しています。 また、転出届をしないで新しい住所に来てしまった場合、インターネットと郵送で転出届を取得する方法も紹介しています。
自動車税、車検証の住所変更
車に関わる住所変更について。車検、自動車税、ナンバープレート、車庫登録など車に関わる住所変更は多くあります。
パスポートの住所変更法
パスポートを身分証明書として使う場合は、住所変更の必要があります。詳しい住所変更方法や必要書類についても説明しています。
郵便物転送届の手続き方法
引っ越しから一年間、郵送物を新住所に転送してくれる便利なシステムである【郵便物転送届】の手続き方法を紹介します。
銀行の住所変更方法
住所変更は各機関によって重要度や手続き手段等も様々なのですが、お金の絡んだケースだと手続きをする側の利害にも関係してくるので、出来るだけ早く住所変更をしてしまう事をお勧めします。
携帯電話の住所変更方法
携帯電話・スマートフォンも引越し後にau・ドコモ・ソフトバンク等のキャリアで住所変更手続きをする必要性があります。
健康保険証の住所変更方法
保険証は免許証やパスポートと同じく、社会的に信用度の高い身分証明書としても通用するものですが、住所変更等がきちんとされていない場合は後のトラブルへとつながってしまうので、健康保険の住所変更は早めにしてしまいましょう
クレジットカードの住所変更方法
クレジットカードの住所変更をしていない場合、カードの更新時期にクレジットカードが旧住所に届いてしまい、住所変更→カードの再発行をしなくてはいけなくなるため、一時的にクレジットカードが使えない状態になることがあります。
年金の住所変更方法
年金に関する住所変更について。転入、転居届と同時に年金の住所変更を行う必要がある場合があります