年金の住所変更方法

年金の住所変更

インターネットは引っ越しよりも新規契約のほうが23万円もオトク!?

 

引っ越し

住所変更を役所で行う時に、住民票の住所変更をする事で自動的に第1号被保険者の国民年金の住所変更を行ってくれる所もあるのですが、そうでない場合は転入、転居届と同時に年金の住所変更を行う必要があります。

 

第1号被保険者とは、自営業者や学生、フリーター等の「自分で国民年金保険料を納付する人」の事です。

 

もちろん第1号被保険者だけが国民年金の加入者形態ではないので、加入者形態によって住所変更の手続き方法が違ってきます。

 

他の国民年金の加入者形態には、会社員や公務員等の厚生年金や共済組合に加入している第2号被保険者や、第2号被保険者に扶養されている配偶者の専業主婦(夫)を指す第3号被保険者というのがあり、第2、第3号被保険者の年金の住所変更は事業所で行う事になるので、役所の保険年金課年金担当への届け出は不要になります。

 

年金を受給しているという方の住所変更も、保険年金課年金担当の窓口で住所変更用のはがきを受け取り、社会保険事務所へ届け出をするという形と、共済組合や厚生年金基金から年金を受給されている場合は、各機関へ住所変更の届け出をするという形の2つの場合があります。

関連ページ

役所の住所変更手続き
役所での転入・転出届について。 市役所等で必要な住所変更手続きについて説明しています。 また、転出届をしないで新しい住所に来てしまった場合、インターネットと郵送で転出届を取得する方法も紹介しています。
運転免許証の住所変更法
運転免許の住所変更方法について。身分証明書として多くの人が使っている自動車運転免許証も住所変更が早めに必要なものの一つです。
自動車税、車検証の住所変更
車に関わる住所変更について。車検、自動車税、ナンバープレート、車庫登録など車に関わる住所変更は多くあります。
パスポートの住所変更法
パスポートを身分証明書として使う場合は、住所変更の必要があります。詳しい住所変更方法や必要書類についても説明しています。
郵便物転送届の手続き方法
引っ越しから一年間、郵送物を新住所に転送してくれる便利なシステムである【郵便物転送届】の手続き方法を紹介します。
銀行の住所変更方法
住所変更は各機関によって重要度や手続き手段等も様々なのですが、お金の絡んだケースだと手続きをする側の利害にも関係してくるので、出来るだけ早く住所変更をしてしまう事をお勧めします。
携帯電話の住所変更方法
携帯電話・スマートフォンも引越し後にau・ドコモ・ソフトバンク等のキャリアで住所変更手続きをする必要性があります。
健康保険証の住所変更方法
保険証は免許証やパスポートと同じく、社会的に信用度の高い身分証明書としても通用するものですが、住所変更等がきちんとされていない場合は後のトラブルへとつながってしまうので、健康保険の住所変更は早めにしてしまいましょう
クレジットカードの住所変更方法
クレジットカードの住所変更をしていない場合、カードの更新時期にクレジットカードが旧住所に届いてしまい、住所変更→カードの再発行をしなくてはいけなくなるため、一時的にクレジットカードが使えない状態になることがあります。